笑顔の女性

生理前症候群の気分ムラを解消【症状を把握してしっかり治療】

女性特有の現象

辛い

生理前になる事

生理前になると、イライラしたり頭痛が起きたりなどの体調の変化を感じることがある人もいるでしょう。それは生理前症候群といって、女性の80%が悩まされてると言われているのです。生理前症候群は、女性の体の中でプロゲステロンが増えてセロトニンが減少することが原因となっているのです。プロゲステロンには、体温を上げたり皮脂を分泌させたりする作用があるのです。セロトニンとは気持ちをコントロールさせる物質で、不足すると精神が不安定になったり疲れやすくなるなどの症状があらわれるようになるのです。生理前症候群には、泣きたくなる、憂鬱、情緒不安定、集中できない、怒りっぽい、肌荒れ、むくみ、のぼせ、体重増加、乳房の張りなど150以上もの症状があるのです。人によって症状の重さは違ったり、月によって症状の違いがあるでしょう。生理前症候群があらわれる時期は、生理の3日前くらいから10日くらい前までの間の1週間になるのです。女性は大体1ヶ月の中の1週間は生理前症候群になっていることが多いのです。

サプリメントや漢方

生理前症候群の症状が重くなる原因もあるので注意が必要です。ストレスはためすぎないようにしましょう。環境の変化やハードな仕事内容などは、ストレスの元になりやすいのです。映画をみる、音楽をきく、体を動かすなどを行いストレス発散を心がけるようにしましょう。食生活が乱れていると、ホルモンバランスが崩れて生理前症候群の症状は重くなるでしょう。豆類や緑黄色野菜などを積極的に摂るようにして、バランスの良い食生活を送ることが大切なのです。カフェインやアルコールの摂りすぎは良くないので控えるようにしましょう。真面目、負けず嫌い、几帳面などの性格の持ち主は生理前症候群が重くなる傾向があるのです。肩の力を抜いてリラックスした気持ちでいれるように努力するといいでしょう。生理前症候群は、サプリメントや漢方によって症状を緩和することができるのです。自分で行える対処法には、ストレッチや軽い運動、毎日湯船に浸かる、日光を浴びる、ハーブティーを飲むなどが挙げられるのです。このような対策を行なって、改善が見られない場合には、婦人科や心療内科などの専門医療機関に受診するとよいでしょう。特に、心療内科では生理前症候群によるストレスを解消する為のカウンセリングを行なっているので、心のケアも受けることができます。