笑顔の女性

生理前症候群の気分ムラを解消【症状を把握してしっかり治療】

症状は多岐にわたる

医療

女性特有の症状

女性特有の定期的に訪れる生理現象の一つが生理です。とにかくイライラする、すぐに涙が出てしまう。勝手に不安になって気分が沈んでしまう、肌が荒れやすくなる、突然不眠症になるなどの症状が出たら、生理前症候群の可能性があります。生理前症候群とは月経前症候群とも呼ばれており、生理前の3日〜10日前に起こります。生理が始まると症状が軽くなったり、症状がなくなったりすることも珍しくありません。原因は、月経の周期中にエストロゲンとスロゲストロンの濃度が急激に高くなるものだと考えられていますが、詳しい原因はまだ解明されていません。20代から30台に特に顕著にみられ、それ以降の年代では症状も少なくなりあったとしても比較的軽いものになります。生理前症候群には身体的症状と精神的症状の二種類があります。身体的症状は腹痛や腰痛、便秘、めまい疲労感や体重増加などです。製紙遠的症状はいらいらしたり無気力になったり、記憶力が低下する、神経質、区分にむらが出るなどの症状があります。

症状に応じた改善方法

生理前症候群の対処方法は症状を完全に止めることはできません。しかし症状を緩和することが最善の治療法となります。原因が定かになっていない以上、根本的な治療方法はありませんが、症状緩和を施すことで幾分生活が楽になります。治療法にはいくつか方法がありますが、薬の治療は最終手段です。そのほとんどが生活改善によって解決します。例えば、塩分の接種を減らす方法です。体内に貯蔵されている水分が減ることで、むくみの解消につながります。しかしこの方法はむくみが症状として出ている人にのみ有効であり、範囲はとても狭くなります。運動やストレス解消法をいつもより多く取り入れることで解消されるケースもあります。この場合には神経過敏や興奮などの神経症状が出ている場合には有効ですが、身体的症状が出ている場合には悪化させることもあるため、注意が必要になってきます。症状の状況によって改善手段を変更する必要があるため、素人判断では逆効果になることも懸念されます。そのため医師への相談がベストです。