笑顔の女性

生理前症候群の気分ムラを解消【症状を把握してしっかり治療】

病気の対処法

相談

日常生活と食事が基本

女性に特有の病気としてよく知られているのが生理前症候群です。通称PMSと呼ばれていますが、生理が近くなると感情が乱れてイライラしたり、胸が張って痛くなったりします。対処法としては日常生活の見直しが必要となります。注意点としては不規則な生活をしないことです。睡眠不足やストレスを溜め込むと生理前症候群を発症しやすくなります。また免疫力も低下して、他にも身体の不調が出たり、病気の原因になりやすいです。食事にも注意が必要で、栄養バランスのとれた食事をすることです。偏った食事ばかりしていると体重が増えたり、むくんだり、乳房痛などの症状が出て生理前症候群を悪化させます。またコーヒーなどのカフェインの含まれている飲み物も症状を悪化させることがあります。有酸素運動をして生理前症候群の症状を日記につけておくと、自分に合った対処法を見つけることができます。治療法としては薬物療法がメインですが、今後は原因から治療する栄養療法が注目されており、漢方薬と合わせた治療法がメインになっていくと思われます。

注意する事

生理前症候群の特徴は、生理の3日から10日前ぐらいから気持ちや身体に不調が起こり始め、生理が始まると症状が治まって、次第に消えてしまうのです。多くの女性が生理前症候群に悩んでおり、中には気づかないで体調不良に悩んでいるケースもあります。意外と女性に知られていない病気なのです。また生理前症候群の症状は200以上もあるといわれています。中でも多い症状としては、イライラしたり怒りっぽくなったりします。美容面でも肌が荒れたり、ニキビができたりすることもあります。症状がひどくなると頭痛が起こったり腰が痛くなったり、乳房が痛くなったりします。人によって症状は千差万別なのです。年代的にみると、20代から40代にかけて症状が出やすくなります。20代には乳房の張りや頭痛など身体の症状が出ます。30代になると精神的に不安定になり、攻撃的になることもあります。特に30代に発症して悩む人が多いのです。30代は子育てや家事労働、パートなどの仕事で忙しく、ストレスが溜まりやすいので症状も重いのです。