喜び

生理前症候群の気分ムラを解消【症状を把握してしっかり治療】

病気の対処法

相談

女性に特有の病気として生理前症候群があります。これは生理が近くなると感情が乱れ、イライラしたり怒りっぽくなります。原因としては不規則な日常生活や食生活の乱れなどです。治療法としては薬物療法ですが、最近は栄養療法や漢方薬が注目されています。特に30代は症状が悪化するので注意が必要です。

View Detail

女性特有の症状

悩む女性

うつと合併している場合

生理前症候群とは、生理が始まる約2週間前の間、精神的には憂うつ感やイライラ感、あるいは何もする気がしないという倦怠感などの症状があり、身体的には腰痛や頭痛、身体が重い、あるいは身体のあちこちに痛みが生じるなどの不快症状が現れるというものです。これらの症状は生理が来ると同時に、なくなるのが特徴です。生理前症候群を治すためには、産婦人科のお医者さんで治療を受けるのが一般的です。ただ生理前症候群と精神的な疾患が合併している場合は、たとえ生理が来てもこれらの症状が続く場合があります。特にうつ状態にある人の場合は、生理前症候群と合併することで、より症状が重くなったりする場合があります。そのような場合は産婦人科で診療を受ける前に、まず心療内科や精神科で診療を受けた方が良い場合もあります。もともとうつ状態の人、あるいは生理前症候群が始まったのをきっかけにうつ状態になってしまった人の場合は、メンタル面でのケアが必要になります。そのためには産婦人科での治療だけで済ませるのではなく、症状が重くならないうちに心療内科や精神科で適切な治療を受けることが大切です。

漢方薬の治療が人気です

生理前症候群で精神的な疾患、特にうつ状態に陥っている人の場合は、心療内科や精神科ではカウンセリングによる治療のほか、抗うつ剤や抗不安剤の他、ビタミン剤での投薬治療が行われます。また産婦人科では生理前の痛みを抑えるための鎮痛薬や、ホルモン剤を用いられる場合があります。しかしこれらの投薬治療の場合は、医薬品による副作用が心配です。そこで最近では医薬品と比べると副作用の心配が少ないということで漢方薬による治療や、更年期障害でも用いられているプラセンタ注射による治療を取り入れている医療機関も増えてきています。症状が重い場合は漢方薬とプラセンタ注射を併用して治療する場合もあります。これらの治療法は産婦人科だけでなく、心療内科や精神科でも行っているところがあります。漢方薬やプラセンタ注射の治療は医薬品の投与とは違い、対症療法ではなく根本的な原因を治す体質改善を目的にした治療法です。医薬品と比べると即効性はありませんが、医薬品の投与量を減らすことができ、身体への負担が軽減されるというメリットがあることから、生理前症候群や更年期障害で悩んでいる人に人気のあります。

女性特有の現象

辛い

生理前症候群に悩んでいる女性は多くいるのです。心や体に様々な症状があらわれるようになるでしょう。症状が重くならないようにするためには、運動、入浴、日光を浴びる、ハーブティーを飲むことなどがオススメなのです。そして、それでも改善がなかった場合、医療機関への受診を検討してみましょう。

View Detail

感情が乱れる女性の病気

メディカル

生理前症候群は発症した場合、生理が来る前にイライラしたり感情が不安定になります。コーヒーや飲酒やタバコは症状を悪化させるのでやめるべきです。医療機関の診察を受けて、薬物療法や栄養療法で治療するのが大事です。

View Detail

症状は多岐にわたる

医療

生理前症候群とは女性特有の生理前に起こる現象で3日〜10日前に顕著に表れます。精神的症状と身体的症状がありますが、その治療方法は症状に応じた改善方法となります。いずれも薬を使用せず自然治療するのが望ましいのです。

View Detail

きちんとした対処を

女医

生理前症候群は、最近はわりと多くの方に理解されるようになってきています。まずは病院へ行ってしっかりと診察をしてもらうべきです。そして薬を飲みながらも日々の生活を見直すことが症状改善にはとても大切です。

View Detail